充実した機能と、将来の拡張性を提供

HP IC-Chip Access Server for FeliCaは、広く使われているアプリケーションフレームワークであるStrutsをベースにしており、MVCモデルによる容易なJavaアプリケーション開発が可能です。


FeliCa ICチップにアクセスするためのAPIを提供

HP IC-Chip Access Server for FeliCaは、FeliCa ICチップにアクセスするためのAPIを提供しています。APIを呼び出すことによりFeliCa技術の暗号処理やクライアントとの通信を行うことができます。このため、アプリケーション開発者はFeliCa技術に関する詳細な知識を習得する必要がなく、FeliCa ICチップがリモートにあることを意識する必要もありません。


将来を見据えた各種チップ、端末に対する拡張性

HP IC-Chip Access Server for FeliCaは、FeliCaカードやモバイルFeliCa ICチップに対応しています。端末としては、PCクライアント、携帯電話に対応しています。また、将来を見据えチップや端末への対応が柔軟にできるアーキテクチャを採用しています。


クライアントデバイスの操作

HP IC-Chip Access Server for FeliCaからクライアント環境のデバイスを操作することができます。例えば、この機能を使うことで携帯電話上のディスプレイにメッセージを表示することができ、ユーザからの入力、FeliCa ICチップのアクセス、ユーザへの確認メッセージ表示などを連携して行うことができます。

クライアント側デバイスの操作