次世代情報プラットフォームの未来を担うFeliCa対応サーバソフトウェアが新たにHPより登場

「FeliCa」技術は、セキュリティの高いデータ保持や暗号通信、高速処理といった優れた基本機能を持ち、交通機関の乗車券や電子マネー、社員証等、幅広い用途で利用されている非接触ICカード技術です。現在までの累積出荷個数は全世界で1億2千万個を突破(2006年3月末現在)し、非接触ICカードの業界標準となっています。さらに、そのFeliCaと携帯電話を融合したモバイルFeliCaは、FeliCaの持つ基本機能に加え、携帯電話の機能を併せ持ち、従来に無い新しいサービスを可能にするキーテクノロジとして注目され急速に普及が進んでいます。

リアルの世界とサイバー、モバイルの世界のインタフェースに位置づけられるモバイルFeliCaは、今後進展が予想されるIT、通信技術の融合したInfo-Communication Technology(ICT)において、利用シーンをシームレスにつなぐ基本的構成要素と見ることができ、多様な付加価値を実現する次世代情報プラットフォームの一部となることが予想されています。

空間を越えてお客様に連続性のある体験を提供したり、利用シーンにより最適なデバイスやメディアを選択してコンテンツを提供するといった、より付加価値の高いサービスにより差別化を検討している企業にとって、モバイルFeliCaは実現のためのイネーブリングテクノロジとしてますます重要性が増しています。

HPはHP IC-Chip Access Server for FeliCaにより、次世代情報プラットフォーム実現の推進とそれを利用した先進的なICTソリューションの導入を支援します。

ますます用途が広がるFeliCaは、より生活に密着した幅広いサービスを提供します。

チケット、クーポン

チケット、クーポン

オンラインでいつでもチケットやクーポンの取得が可能となります。メールでの勧誘によるチケットやクーポンの付与で実店舗への誘導を行ったり、実店舗でチケットやクーポンを付与してオンラインショップへ誘導したりすることができるようになります。携帯電話で顕著な可動性、即応性の高さを利用することで、FeliCa対応携帯電話をより有効なマーケティングツールとして利用することが可能です。

交通乗車券、電子マネー、ポイント

交通乗車券、電子マネー、ポイント

リアルでの利用だけではなく、自宅のPCや移動先の携帯電話でインターネット接続し、残高のチャージやポイントを使ったショッピングを行うサービスを提供することができます。

金融サービス、会員証

金融サービス、会員証

FeliCa ICチップ内に格納したキャッシュカードやクレジットカードや会員証の情報を、チップからHP IC-Chip Access Server for FeliCaまでエンド・ツー・エンドでの暗号通信で読み書きすることができます。通信経路上はもちろん携帯電話やPC上でもFeliCa技術方式により暗号化されたデータを扱うことで、高セキュリティのサービスを実現します。パスワードやモバイルFeliCa ICチップのPINとの併用で、さらにセキュリティを高めることも可能です。

モバイル、PC、リアルをまたがったサービスイメージ例

モバイル、PC、リアルをまたがったサービスイメージ例

※「FeliCa」は、ソニー株式会社が開発した非接触ICカード技術方式です。「FeliCa」は、ソニー株式会社の登録商標です。
※「おサイフケータイ®」はNTTドコモの登録商標です。