トータル・ソリューション

昨今の製薬業界における変化は目まぐるしいものがあります。
中でも、ICHの最終ゴールであった三極申請様式の統一(CTD:Common Technical Document)が2000年11月 ICH5にてStep4となり、日米EUの規制に取込まれることとなりました。また、CTDの電子申請形態を示すeCTD(electronic Common Technical Document)が2002年春にはStep4を予定しており、数年内には日本でも電子申請が実施される予定です。
では、お客様の会社で新規にシステムを構築される場合、どのベンダーに頼むのがベストなのでしょうか?単なるハードウェアベンダーや日本国内市場のみで売れている製品のベンダーではこの変化の波に立ち向かってはいけないでしょう。
その点、HPなら高可用性のハードウェア製品群はもとより世界の最先端分野でノウハウを蓄積したコンサルタントやテクニカルスタッフ、またインフラ・基幹系から部門業務、教育・トレーニングまで多彩な優れたソリューション、そして世界の一流ソフトウェアベンダーとの密接なアライアンスなどのトータル・ソリューションで製薬業に必要な全てにおいて最良の答えをお客様に提示することができるのです。

HPの優位性
ビジネスモデル
卓越したハードウェアプラットフォーム
サポート体制

HPが提供する製薬業ソリューション
Documentam FirstDoc 製造業向けソリューション 医薬品開発業務支援システム ClinicalWorks4 コンサルティングサービス ERP Solution 営業支援システム PharmaSalesSuite