日本の医療機関向けサービス

医療ソリューション事例

・市立病院 小児科様

市立病院 小児科様  

タブレット端末を利用した、早期警告スコア(Pediatric Early Warning Score)の管理を行うソリューションを構築しました。従来紙ベースで運用されていたスコアリングをタブレット端末で実施し、情報伝達の迅速化と効率化を図っています。

・大学附属病院 救急診療科様

大学附属病院 救急診療科様  

ER病棟とICU病棟の患者状況を把握する「患者安全ダッシュボード」を開発し、トライアル利用を開始しています。電子カルテでは実現しづらい患者横断的な表示や、散らばった情報を集約する「ダッシュボード」機能を実現することによって、多職種相互間のリスク認識を共有し、インシデントを減少させることを目的としています。

その他事例

 千葉労災病院様

仮想化共通基盤を構築し、電子カルテシステム、PACSシステムなど計17のアプリケーションを共通基盤上に移行

 医療法人財団 興和会 右田病院様

サーバーからストレージ、クライアント、ネットワークまでハードをHPで統一し維持コストと運用管理負担を低く抑えた仮想化インフラを構築

 社会医療法人 大道会 森之宮病院様

高度な医療業務を支える基幹ネットワークの強化と運用管理の効率化。医療業務でのIT活用を長期にわたって支える、信頼性の高いネットワーク基盤を構築

お問い合わせ

 

日本の医療機関向けサービスについてのお問い合わせはこちらから

フォームでのお問い合わせ