思い通りの帳票レイアウト設計を容易に


容易な帳票フォームの開発

Windows環境で動作する帳票作成ツールにより、GUI操作によってページプリンタ、ラインプリンタに対応した帳票レイアウトの作成が簡単に行えます。
帳票作成ツールにはプレビュー機能が搭載されており、実際にプリンタに出力されるときの帳票イメージを画面上で確認しながら開発することができます。
OpenPrintの帳票作成ツールではお客様の帳票開発に掛かる負担を軽減させるために文字太さや文字色、罫線や下線など多彩なユーザインターフェース機能をご用意しております。
また、複数の書式から構成される帳票(複葉帳票)も簡単なリレーション定義により作成できます。

GUIによる容易な帳票レイアウトの開発

帳票開発の特徴

OpenPrintで作成される帳票は、アプリケーションが作成する印刷データ(ソースファイル)と帳票開発ツールで作成したレイアウト(書式)ファイルと関係定義のリレーションファイルを組み合わせて帳票の印刷イメージを作成します。それぞれのファイルが独立しているため、アプリケーションが作成する同一のソースファイルに対して、レイアウトファイルを変更するだけで、異なる帳票が簡単スピーディーに作成できます。したがって同一データ形式で書式の変更だけが頻繁に発生するような帳票に対しては、そのたびにアプリケーションを変更するのではなく、レイアウトの変更をするだけで対応することができます。

帳票作成の特徴

GUI操作による帳票レイアウト作成エディタ

OpenPrint/FORMレイアウトエディタは、OpenPrintソリューションを利用するために必要な全ての帳票フォームを作成する重要な製品です。Windows環境でGUI操作によりページプリンタ、ラインプリンタに対応する帳票レイアウトの作成が簡単に行えます。帳票開発はプレビュー機能で、実際にプリンタに出力されるときの帳票イメージを画面上で確認しながら開発することができ、帳票開発に欠かせない多彩な帳票作成機能(文字の傾斜や印字位置の微調整、バーコードやイメージ、複葉帳票対応など)を持っています。
※プリンタ制御言語毎に使用できる機能に制限がある場合があります。

GUI操作による帳票レイアウト作成エディタ

簡単な操作で帳票レイアウト設計の時間を短縮

OpenPrintでの帳票レイアウト設計ツールは、どなたでもすぐお手元のPC上で簡単に使用でき、様々なデザインに対応します。近年、どの企業にも避けて通れない課題となっている“内部統制”を強化するための帳票設計をお手伝いします。
明細フィールドの自動生成機能や繰り返し明細行の一括作成機能、テストデータの自動生成機能など便利な機能を活用することで、帳票レイアウトの設計時間をぐっと短縮できます。

簡単な操作で帳票レイアウト設計の時間を短縮

XMLデータの簡単な帳票化

アプリケーションの出力するデータがXML形式である場合には、XMLデータのタグをレイアウトファイルを開いた帳票作成ツールにドラッグ&ドロップすることでレイアウトのフィールドとして読み込むことが可能なため、帳票作成が非常に効率よく行うことができます。

XMLデータによる簡単な帳票作成

帳票開発機能1(グリット指定)

OpenPrintでは縦横のそろった綺麗な帳票を作成するために、グリッドの表示もしくは表示したグリッドに合わせて文字列や罫線を配置することが可能です。ページプリンタ用帳票において、書式の決まっている帳票などを作成する場合にはグリッド線の間隔を任意に指定することができますので、文字列や罫線を正確な位置に配置することが可能です。ラインプリンタ用の帳票作成では改行幅が6LPI、8LPI、文字ピッチは10CPI、12CPI、15CPIからの選択となりますのでグリッドもその値に固定されます。しかし、1ページ内で改行幅、文字ピッチを変更することも可能なため、制限の多いラインプリンタでも柔軟な帳票開発を行うことが出来ます。

ページプリンタ用帳票
グリッド指定 - ページプリンタ用帳票
ラインプリンタ用帳票
グリッド指定 - ラインプリンタ用帳票

帳票開発機能2(バーコード)

OpenPrintでは、CODE-39、NW-7(CODABAR)、ITF(Interleaved 2of5)、CODE-128、Industrial 2of5、JAN(13桁・8桁)、郵便番号カスタマバーコード、QRコード(モデル2・ASCII日本語)と多彩なバーコード形式を使用することができます。

バーコード - ページプリンタ用帳票

帳票開発機能3(イメージファイルの埋め込み)

社名のロゴなど帳票に欠かすことのできないイメージを、OpenPrintで作成する帳票では埋め込むことができます。PNG,X11,Windows形式のビットマップイメージを帳票に貼り付けることができます。

イメージファイルの埋め込み - ページプリンタ用帳票

ページプリンタ用帳票開発機能(属性変更)

OpenPrintでは配置した矩形や円・楕円などに対して、線種、塗りつぶし効果、角半径、色など、文字列に対して傾斜文字や文字太さ、文字サイズ指定、文字色などの属性を付加することが可能なため、簡単に繊細な帳票が作成できます。
40色のカラーパレット使用により、罫線や文字の色を簡単に設定でき、見やすい帳票を作成できます。
また、日付フィールド、時間フィールド、ページフィールドを使用することによって、印刷時の日付、時間やページ番号を動的に表示させることが可能となります。

ページプリンタ用帳票開発機能(属性変更)

ラインプリンタ用帳票開発機能(属性変更)

OpenPrintでは配置した罫線や矩形などに対して、線種や行間罫線、文字罫線など、文字列に対して縦倍、横倍、傾斜、下線、反転、影文字、袋文字や個別文字ピッチの指定などが可能なため、簡単に繊細な帳票を作成できます。また、日付フィールド、時間フィールド、ページフィールドを使用することによって、印刷時の日付、時間やページ番号を動的に表示させることが可能となります。

ラインプリンタ用帳票開発機能(属性変更)

帳票設計のためのOpenPrint製品

・OpenPrint/FORMレイアウトエディタ 稼働環境 構成例

お問い合わせ

 

フォームでのお問い合わせ

 
お電話でのお問い合わせ
0120-268-186 (カスタマー・インフォメーションセンター) 03-5749-8279 (携帯電話・PHSから)
月曜 - 金曜 9:00-19:00、土曜10:00-17:00
※日曜、祝日、5月1日、年末年始など日本ヒューレット・パッカードの休業日は休み
拡大画像を表示 拡大画像を表示 拡大画像を表示