2.スムーズな開発、システム間の連携

様々なシステム連携

OpenPrintはお客様が導入済みのアプリケーションに影響を与えることなく、独立した帳票管理環境をアドオンすることができます。
OpenPrint側で帳票に関する情報を保持することにより、全ての業務システムの帳票情報を集約した帳票基盤を構築することができ、業務改変等があった場合でも、開発工数を削減し、スピーディに対応することができます。

 


豊富なAPI

OpenPrintはC、Java、.NET言語を利用した様々なアプリケーションからOpenPrintの機能を利用するためのAPIを提供しており、業務アプリケーションで元となるデータをOpenPrint側に渡すだけで、簡単に印刷データ転送、PDF作成が実装できます。
それにより、業務アプリケーション側で独自に開発する必要がなくなり、開発工数の削減を実現できます。



「REST API」によるWebアプリケーションとの連携 (Windows版のみ)

OpenPrintはWebアプリケーションからOpenPrintの機能を「REST API」を使用して簡単に利用できます。
WebアプリケーションからOpenPrintが持つ印刷機能をコントロールすることが可能になり、Webアプリケーションに印刷機能を簡単に追加することができます。


例えば、以下のような印刷機能の制御がWebアプリケーションから行えます。

  • ASM for Windowsの再起動・停止
  • 印刷ジョブの登録・削除
  • 印刷ジョブの順番変更
  • プリンター状態の取得・変更
  • 印刷ログの取得        ・・・など

簡単な帳票レイアウト設計

OpenPrintは、帳票のレイアウトはGUIで簡単に出力をイメージしながら作成ができ、顧客の要望する帳票の作成を実現できます。
また、作成したレイアウトはファイルとして保存でき、帳票生成する際は、レイアウトファイルと業務アプリケーションから作成したデータ(ソースデータ)を組み合わせて生成します。
そのため、書式変更等が発生しても、レイアウトファイルのみ変更する対応で済み、開発工数の削減、効率化を実現できます。



お問い合わせ

 

フォームでのお問い合わせ

 
お電話でのお問い合わせ
0120-268-186 (カスタマー・インフォメーションセンター) 03-5749-8279 (携帯電話・PHSから)
月曜 - 金曜 9:00-19:00、土曜10:00-17:00
※日曜、祝日、5月1日、年末年始など日本ヒューレット・パッカードの休業日は休み