帳票ソリューション事例紹介


OpenPrint ソリューションを採用 百数十台のプリンタキューを一元管理する総合帳票システムを構築


オリンパス株式会社様

デジタルカメラに代表される映像機器や内視鏡などの医療機器を中心として成長を見せるオリンパス。「Social IN」というスローガンのもとで業務改革に取り組み、これまでメインフレーム上で運用していた基幹システムをオープン系へと移行した。その過程で浮上した帳票の課題を解決するため、OpenPrint ソリューションを導入。レイアウト設計からスプール管理、百数十台に及ぶプリンタキューの一元管理までを実現した。
事例詳細へ

帳票作成・出力管理をOpenPrintで標準化 集中管理・分散出力を実現することでオペレーションコストの削減に成功


住友商事株式会社様

「SIGMA21プロジェクト」と呼ばれる情報インフラの再構築プロジェクトを進めている住友商事。ここでは帳票作成・出力管理の基盤としてOpenPrintが活用されている。SIGMA21では基幹系システムにSAP R/3、経営情報システムにJavaアプリケーションが利用されているが、これら両方の帳票出力をOpenPrintで統合しているのだ。これによって集中管理と分散出力を同時に実現し、ペーパーレスの推進とオペレーションコスト削減に成功。十分なレスポンススピードと高い安定性によってユーザの利便性も高めている。
事例詳細へ

「Oracle E-Business Suite」を利用した人事情報管理システムで帳票環境としてAlphaServer ES40 によるOpenPrintを導入


株式会社日立製作所様

日立製作所約50事業所、約5万5千人の人事勤労業務で「Oracle E-Business Suite」を利用した人事情報管理システムの統合的な帳票環境としてOpenPrintソリューションを導入。導入目的は、アプリケーションへの影響が少ない方式で、多種類かつ大量のプリンタを使用し、確実な出力管理と、帳票書式の管理運用や外字の必要性、また紙を減らし帳票を電子化するなどさまざまな帳票要件を実現する点にありました。
帳票の電子化により印刷を減らす一方、印刷帳票についてはセンターで管理している多種類のプリンタで確実に印刷管理し、帳票書式の管理・運用や外字の必要性がありました。
そこで、AlphaServerによるOpenPrint環境を採用し、短期間でクラスタ構成による高信頼性帳票サーバを構築。セキュリティを担保した帳票スプール環境により堅牢な帳票環境を構築し、各種プリンタの対応で事業所ごとに適したプリンタを利用することが可能になりました。
その結果、帳票アプリケーションの開発コストの軽減と、帳票運用の効率化にも大きなメリットがでています。また、運用面でも、管理者はもとより帳票操作を行うユーザ様まで、手元のPC環境からブラウザによるアクセスを実現しています。

OpenPrintにより帳票統合管理システムを構築 SAP R/3システム及び各業務システムで発生する出力帳票のセンター集中管理環境と大量出力帳票の電子帳票化による業務効率の向上を実現


株式会社ニチレイ様

ニチレイグループでは、六つの事業会社とその傘下の会社が、「加工食品」「水産」「畜産」「低温物流」「バイオサイエンス」「不動産」「フラワー」「シェアードサービス」の各事業を展開しています。品質へのあくなきこだわりと、培われた技術、新しいアイディア、グループトータルのネットワークによって、新鮮で、健康なおいしさをお届けし、笑顔のあふれる食卓を作り出しています。各事業会社の基幹情報をSAP R/3システムおよび各業務システムで管理しており、それら各システムで発生する出 力帳票の統合管理を行う必要がありました。また、長期間保存を必要とする帳票および大量出力帳票の電子帳票化を図る必要がありました。そこで統合帳票管理環境を提供するOpenPrintを導入し、基幹業務で発生する出力帳票のセンター集中管理と、大量出力帳票の電子帳票化による業務効率の向上を実現しました。

東洋ゴム工業株式会社様 OpenPrintソリューション事例


オープンシステムでの統一した帳票開発、印刷環境を提供する基幹システム向けソリューション「OpenPrint」の東洋ゴム工業(株)への導入事例広告です。
近年ERPパッケージ導入などにより基幹系システムのオープン化が進んでいますが、オープン系システムには高度な印刷機能が装備されていないため、大量の帳票を安定して出力することが難しいといわれています。
1999年7月にSAP R/3の全面稼動を開始した東洋ゴム工業(株)ではOpenPrintの採用によってこの課題への対応に成功。
全社で約900台にも上るプリンタを利用し、販売関係だけでも3万枚/日の伝票を安定出力できる環境を確立しました。
(旧コンパックの事例です。1999年)

お問い合わせ

 

フォームでのお問い合わせ

 
お電話でのお問い合わせ
0120-268-186 (カスタマー・インフォメーションセンター) 03-5749-8279 (携帯電話・PHSから)
月曜 - 金曜 9:00-19:00、土曜10:00-17:00
※日曜、祝日、5月1日、年末年始など日本ヒューレット・パッカードの休業日は休み
OpenPrint/MAID OpenPrint/ASM OpenPrint/intranet FORMDOGレイアウトエディタ