グローバル進出の加速

ジャーナリスト七尾藍佳氏が聞く。加速するグローバル化の中で、いかに世界という”ハードル”を越えるか

経済のグローバル化とともに、新たなマーケットとビジネスチャンスを求め、海外進出を加速させる日本企業。特に金融機関では、目覚ましい経済成長を遂げるアジアにとどまらず、中南米などへの進出も活発化し、激しい競争に晒されています。しかし、日本でのサービスモデルを横展開するだけでは競争に打ち勝つことは難しい、という現実も明らかになってきました。

グローバルでの競争力に加えて、国や地域ごとに異なる言語や文化、固有の法制度への対応という課題があります。さらに、IT環境を各国の安全対策基準に合致させることも求められます。グローバルでITを活用することと、各国の実情に合わせたガバナンスやリスク管理の取り組みは、「一体の課題」として捉えなければなりません。

これらの“ハードル”を、社内のリソースだけで越えられる企業は限られているのではないでしょうか。グローバル展開を加速させる日本企業は、どうすれば目標を達成できるでしょうか。ジャーナリストの七尾藍佳氏が、日本ヒューレット・パッカードのキーパーソンに聞きます。

ウォール・ストリート・ジャーナル グローバル進出を加速させる日本企業を強力にサポート