ビジネス成長を加速させるには?

ビジネスの成功を見極めて、そこにフォーカスする、HPE Advisory Services

ビジネスの成功を見極めて、そこにフォーカスする、
HPE Advisory Services


これまでビジネスの世界では、顧客の意向が最優先とされてきました。 しかし、ソーシャルメディア、デジタルデバイスやモバイルデバイスの発展と共に、今は一般のユーザーがビジネスの世界の中心となっています。


一般のユーザーは、様々な商品やサービスに、いつでもどこからでもアクセスできることが当然だと考えています。当たり前のように友人や社会全体から、時には競争相手からさえも、さまざまな情報を手に入れます。 そして商品やサービスに関して「優れている」「品質が悪い」といった意見を簡単に、しかも一瞬のうちに世界中に発信します。


企業はこのようなユーザーの声に対して耳を傾け、理解したうえで行動し、積極的に関わっていく必要があります。一人ひとりのユーザーに対してきめ細かく、迅速に対応することが非常に効果的です。


「いつでもどこでも、すぐに情報へアクセスしたい」というユーザーの期待は、New Style of IT - ビジネス主導の「ITが企業のビジネス目標を支援する」新しいスタイルへの移行を加速しています。このビジネス主導の新しいスタイルは、 効率的でオープンなものであり、柔軟性と拡張性に優れ、協調性を重視したものです。そしてスピード、アジリティ(敏捷性)、コスト効率をさらに高めるために、従量制課金の「as-a-Service」モデルで構成されていきます。クラウド、セキュリティ、ビッグデータ、モビリティのすべてが包括的なソリューションに統合され、顧客、市民、コミュニティ、パートナーやサプライヤーとの関係が強化された世界です。


そのため最高情報責任者(CIO)は、製品そのものよりも、テクノロジーがどのようにユーザーに提供され使用されるのか、そして様々な課題の解決にどのように役立つかということを考慮する必要があります。これはテクノロジーそのものというよりも、ユーザーとテクノロジーがどのように関わりを持つのか、ということです。そして何百万とあるデバイスを、新しいアプリケーションを用いて安全にクラウド経由で接続することが必要です。


一般のユーザーは、使い勝手のよいサービスやデバイスを求め続けていきます。企業は増え続けていく膨大な集積データから、より有用な情報を取り出す方法について十分に理解する必要があります。そして増え続けるサイバー脅威に対して十分な対抗策を講じたIT環境を構築し、全てのシステムを保護する必要があります。


このような中で、Hewlett Packard Enterprise(HPE)は、4つのビジネス推進力が企業に影響を与えると考えています。


  • カスタマーエクスペリエンス(顧客経験価値)とユーザーとの関わり

顧客のニーズと要望を理解し、テクノロジーを活用することで、顧客との結びつきを強化する。


  • 従業員の権限強化

生産性と柔軟性を高めるテクノロジーを選択することで、有能な従業員に対して権限を与え、また、彼らの雇用を継続する。


  • 合併と買収

組織の拡大だけでは達成できないような速度で企業成長を成し遂げ、社会的な価値を生み出す。


  • IT化されたビジネスモデル

テクノロジーを活用することによって、ビジネスとガバナンスが機能する形へ変革する。


HPE Advisory Servicesは、ソリューション、サービス、テクノロジーを活用してビジネスの成果にフォーカスし、経験豊富なHPEの専門家がお客様を成功へ導く変革のご支援をします。


HPEの専門家のご紹介はこちら


1 2 3