Jump to content
日本-日本語

HP Enterprise Services

 お問い合わせ
 製品 & サービス 
サポート & ドライバー
 ソリューション 

HP 情報漏洩対策ソリューション

HP Data Loss Prevention Services
HPアプリケーションモダナイゼーション・トランスフォーメーションエクスペリエンス
HP HP Converged Infrastructure
Content starts here
HP 情報漏洩対策ソリューション

概要

ITの発展、情報の増加に伴い、情報漏洩対策の重要性も増加の傾向にあります。

情報漏洩の原因は、外部からの攻撃と比較して内部起因のものが圧倒的に多く、特にビジネスプロセスの誤りや従業員の過失から情報漏洩が発生しています。

従来の対策は外部向け対策が主であり、また内部向けの対策においても部分最適に留まるケースが多く見られてきました。これからは会社内部をより重視し、情報の内容に応じて判断できる全社的で効率の良い対策を実施する必要性があります。

また情報漏洩は賠償や事後対策による金銭的被害だけでなく、株主の信頼低下やブランドイメージの悪化等の社会的被害という損害をもたらします。

機密情報を取り扱う機会の増加に従い企業内の潜在リスクがますます増大している今、情報漏洩対策に積極的に取り組む必要があります。

概要
情報漏洩が発生する経路
情報漏洩対策に求められるもの
HPがご提案する情報漏洩対策ソリューション
お問い合わせ
/カタログダウンロード


情報漏洩が発生する経路

情報漏洩が発生する経路は一つではありません。 主に物理、Network 、PC/記憶媒体、社外で発生し、原因は様々です。 物理メディアにおいては取扱いプロセスの徹底等の社員レベルでの対策、またPCやサーバにおいてはデバイス制御等の機器レベルでの対策をされていることが多いですが、今後は今までの対策では不十分であった「データそのものの保護」に取り組む必要があります。

物理
物理
・データセンターで 管理されている データバックアップの持出し
・オフィスに保管された機密データCDの紛失
Network
Network
・メール送信先誤り
・個人アドレスへのメール送信
・WEBサーバからの情報漏洩
・掲示板への情報書込み
PC / 記憶媒体
PC / 記憶媒体
・USBメモリなど記憶媒体への書き出し
・機密情報を含むPCの盗難
社外
社外
・業務上、機密情報のやり取りが必要なビジネスパートナーからの情報漏洩


情報漏洩対策に求められるもの

NetworkやPC/記憶媒体からの様々な原因で発生する情報漏洩を防止するためには、機密情報の検知、機密情報の検知、運用管理支援と多方面からの対策が必要となります。

機密情報の検知

機密情報の保護

運用管理支援

流出経路に依存しないデータ内容の正確な検知
  - 個人情報を含んだメールが誤送信されようとしても、機密情報であることを検知しメール送信をブロック
  - 製品設計情報をUSBメモリに書き出そうとしても、機密情報であることを検知し書出しをブロック
権限に応じた操作制御
  - 機密情報を扱うことを許可されたユーザ毎に必要な操作権限のみを与える
(閲覧、編集、印刷など)
データの暗号化
  - 万が一、機密情報が外部に持ち出されても、機密データを参照させない
(正規ユーザのみ参照可)
機密情報の保存場所や利用状況を可視化
  - 機密情報がどこにあり、誰がどんな操作をしているか
ユーザへの教育機能
  - 警告通知などリアルタイムなアクション
PDCA継続のサポート
  - ポリシー成熟化の支援
  - 定期レポート、効果測定
誤操作やミス、不正行為に関係なく、データ内容に応じた対応が可能
社外への情報漏洩対策
機密情報取扱いを制御
紛失や盗難時も保護
社内での情報漏洩対策にも有効
企業レベルでの一貫したセキュリティ対策
変化する業務プロセスに合わせポリシーも修正

HPがご提案する情報漏洩対策ソリューション

HPではお客様の様々な課題を解決するソリューションをご用意しております。


お問い合わせ/カタログダウンロード

情報漏洩対策ソリューション

CIOアジェンダ アプリケーションモダナイゼーション・トランスフォーメーションエクスペリエンスワークショップ アプリケーション管理サービス